自分の肌のタイプを知ろう

若い頃はそれほど肌トラブルに悩むことはありませんが、40代にもなるとさまざまな肌トラブルが起こってきます。特に乾燥肌になる方が多いのですが、乾燥肌とはどういったタイプの肌なのでしょうか。脂性肌と比較し、自分の肌はどんなタイプなのか調べてみてください。

乾燥肌と脂性肌の違い

乾燥肌

お肌がカサカサしたり、痒みや痛みがある場合は、乾燥肌になっている可能性が高いと言えます。症状が悪化すると、白い粉をふいたりヒビ割れが起こることもあるので注意が必要です。洗顔後すぐにつっぱるのも、乾燥肌の特徴になります。

脂性肌

皮脂の分泌量が多く、テカテカするのが脂性肌の特徴です。メイクをしてもしばらく経つと、油分が出てきてお肌がベタついてきます。あぶらとり紙を使用して油分を取り除くことができますが、過剰な皮脂の分泌はニキビの原因にもなるので注意しましょう。

渋谷のまつげエクステサロンを厳選公開♪

[PR]
好評なオールインワンゲルを紹介中
スキンケアの時間をギュッと短縮

これで対策バッチリ!乾燥肌を改善する方法

女の人

もちろんシワは乾燥が原因

年齢を重ねると増えてくるシワですが、このシワはお肌の潤い不足が原因で発生する恐れがあります。また、乾燥が続くとメイクのりも悪くなるので、お肌の内側から潤いを与える必要があるのです。潤い成分が入った化粧水を使用してスキンケアを行い、しっかりとお肌の状態を整えていくことをオススメします。

婦人

乾燥肌が原因でシミが出てくる可能性も!

乾燥が続くとシミが現れることもあります。紫外線が原因でも乾燥肌になるので、しっかりと日焼け対策を行いましょう。洗顔石鹸を変えることで洗顔後のツッパリを防ぐこともできます。乾燥の原因を見つけてさまざまな工夫をしていくことで、お肌のトラブルを防ぐことができるのです。

レディ

乾燥肌を放っておくと毛穴も目立つようになる

化粧水をただつけただけではお肌の奥まで潤い成分が浸透していない恐れがあるので注意が必要です。お肌の内側が乾燥した状態(インナードライ)になってしまうと、夜まで水分を保つことができずにお肌がどんどん乾燥していくのです。午後になるとお肌が乾燥するという方は、洗顔方法を見直したり、現在使用している化粧水を変えてみてはいかがでしょうか。乾燥肌が酷くなってしまう前にしっかりと対策を行いましょう。

乾燥肌を防ぐ!朝に行う正しい洗顔の手順

ぬるま湯で顔をすすぐ

まず朝起きて洗顔をする際は、夏でも冬でもぬるま湯を使うようにしましょう。少し温かいと感じる30度程度で洗います。ぬるま湯を使用することで毛穴を開いて汚れが落ちやすい状態にするのです。あまり熱すぎると洗顔後に乾燥してしまうので、温度には気をつけてください。

洗顔石鹸はしっかり泡立てる

シミを改善するためにピーリング効果のある洗顔石鹸を使用する方もいると思いますが、どの洗顔料を使用する際もしっかりと泡立てることが大切です。キメが細かく柔らかい泡を作ることで、肌へのダメージを軽減することができるのです。

肌をこすらないように優しく洗う

いよいよ洗顔料で顔を洗う番ですが、その際は指で優しく洗うよう心がけてください。細かくくるくると円を描くように洗うことで、毛穴の汚れをしっかりと落とすことができます。

綺麗にすすぐ

泡で顔を洗うことができたら、再びぬるま湯で泡を洗い流しましょう。髪の毛の生え際や顎下に泡が残ってしまわないよう、しっかりとゆすいでください。洗顔料が残っていると肌荒れの原因になってしまうからです。十分にすすぐことができたら、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。

保湿成分が入った化粧水で潤いを与える

洗顔後はしっかりと保湿します。乾燥が気になるなら、保湿成分がたっぷりと入った化粧水でお肌に潤いを与えていきましょう。手のひらで顔を包み込むように優しく化粧水を押し込んでいきます。この際もこすらないことが大切です。化粧水を付け終わったら、乳液や美容液できちんとお手入れしましょう。

[PR]
乾燥肌の対策方法が知りたい
詳しい内容を確認!

広告募集中

シミの対策にオススメ